髪の悩み、口臭・体臭・健康の悩みを抱える方々をサポートし、ワクワク、イキイキの人生を応援!Sun&Sun

新規会員登録キャンペーン
Icumo青汁
スカルプマッサージゲル
Hatto

Hattoγ(ガンマ)






食品安全委員会が昨年12月にまとめた「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」では、1日当たりの大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値を70?75mgとし、そのうち、サプリメントや特定保健食品などで摂取する量は、1日当たり30mgまでが望ましいとしています。摂取量に上限値が設定された背景には、サプリメントなどにより大豆イソフラボンのみを過剰に摂取すると、女性ホルモンのバランスが崩れる可能性があり、月経周期の遅れや子宮内膜増殖症などのリスクが高まることも報告されていることがあります。

大豆イソフラボンの過剰摂取が、ヒトの胎児や新生児に及ぼす影響は明確には分かっていませんが、動物を使った実験では、卵巣や精巣といった生殖器官に対して有害作用が報告されています。そのため食品安全委員会では、妊婦や乳幼児、小児などが、特定保健用食品として普段の食事に追加して大豆イソフラボンを摂取することを推奨していません。











表示件数
並び順
商品数:5件
商品数:5件

トップページへ商品一覧会社概要サイトマップお支払い・送料返品・交換お問い合わせQ&Aお客様の声

特定商取引法に基づく表示個人情報について

髪・頭皮ケアダイエット

富士の樹水HattoHatto-γMegaFireヘアケアシャンプーセットEmineC MistEmineC SoapIcumo青汁

Copyright c 2013健康食品のSun&Sun All rights reserved.